■独自のセントラルキッチン

 セントラルキッチン(集中調理施設)とは、複数の学校・病院・福祉施設など、常に大量の料理を提供する必要のある

 外食産業や施設の調理を1か所で行うことにより規模のメリットを追求する施設です。HACCPに準拠した衛生管理基準

 のもと、調理・加工・保管・運搬を行うため衛生的な品質管理を維持しています。

 当社では、本社社屋と一体となる独自のセントラルキッチン「MCC(メルク・クック・センター)という名称で

 学校給食、病院、福祉施設様等への提供を主に行っています。

MCC(メルク・クック・センター)での調理による提供方法

 【クックチル】方式

 *クックチルとは、調理加熱後、急速冷却し、チルド(冷蔵)状態で保存し、受託施設の現場で再加熱して提供できる

  状態にする調理方式です。医療・福祉施設など中心に食事提供しています。

 

 

 ・料理の均一性が保たれ、より高品質な食事の提供が可能になります。

 ・作業手順の平準化により、人員の効率的な配置につながります。

 ・衛生管理の徹底が可能になり、より安心できる食事の提供ができます。

 ・受託施設様の水道光熱費及び生ごみ等の廃棄物処理費等の削減につながります。

*ご飯・味噌汁・揚げ物・麺類などは現地施設内で

 調理して、美味しく提供致します。 


【ニュークックチル】方式

 *ニュークックチルとは、クックチル方式と併用して行う事ができる個別再加熱式提供方式のことです。

  あらかじめ、チルド温度帯に保存されている料理をそのまま器に盛付け、器ごと再加熱を行い提供します。

 

地産地消の食材を優先的に使用

 より安全・安心な食の提供を追求します。受託施設様で使用する米は、岩手県産100%とするなど、食材の

 仕入れについても県内産を優先的に使用して食の満足度を追求していきます。

盛岡食材加工協同組合との連携

 盛岡食材加工協同組合は、農業団体、外食産業、商社といった異業種の事業者協同組合でありメルクが音頭をとり

 平成7年設立。学校給食用のご飯の炊飯やカット野菜事業を通じて地場産農産物をより効果的に仕入れる等、

 生産者と携して産地消の推進に貢献しています。



本社

〒020-0102
岩手県盛岡市上田字岩脇1番14

 soumu@melc.jp

TEL 019-656-1221 FAX 019-656-1228
 

自社工場

MCC(セントラルキッチン)

TEL 019-656-1260 FAX 019-656-1266

支店

〒983-0852

宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目2-8
テルウェル仙台ビル7階
TEL 022-297-1020  FAX 022-355-8801